相手の話をよく聞くこと

就職活動をしていて面接まで到達した際、どのような心もちで面接を受けるでしょうか。あと一息だからこそ、絶対に気を抜いてはいけません。伝えたいことは多々あるかもしれませんが、相手の話をきちんと聞くことを心がけましょう。質問の意図と異なることを答えてしまうことになりかねません。ですので、まずは自己アピールよりも、相手は何を伝えようとしているかを聞かなくてはいけません。社会人になるにあたり、最も大切なことの一つです。

目立とうとしないこと

面接の中でも集団面接で大切なことの一つとして、無理に目立とうとしないことです。面接官はプロですので、きちんと全員の言うことに耳を傾け、態度をしっかりとチェックしています。ですので、周りを出し抜こうとして異様に目立ったり、本来の性格とはかけ離れた態度を見せつけようとしたりすると、場がシラケてしまうことも多々あります。周りの意見を聞きつつも、自分の意見は控えめながらきちんと発言するようにしましょう。最も好感を持たれる行動です。

常に気を抜かないように

面接での話の内容に気が持っていかれてしまい、前後のあいさつや態度がおざなりになってしまうことがあります。しかし、それでは全てが台無しになってしまいます。少々窮屈で恥ずかしいような気がしても、きちんと一人の大人として最低限の礼儀を守るようにしましょう。会場に入る時と退出時はもちろんのこと、面接会場に向かう途中も帰る時も、常に気を抜かずに行動することが大切です。もしかすると、誰かが見ているかもしれませんよ。

新卒紹介とは、給料や休日、福利厚生など、希望する条件を登録してマッチングを行う企業紹介サービスです。