まずは第一印象が大切!

バイトの面接では、面接官とのスムーズの会話ができると採用率が上がります。そのためにはまずは面接官の第一印象を良くすることが必要です。しっかりとした身だしなみと礼儀正しさ、相手の目をしっかりと見て会話をすることで印象が良くなります。自分のアピールをすることも必要になりますので、言いたいことはあらかじめ準備をしておき、会話を遮らないようにさりげなくしっかりとアピールしたい会話を自然に取り入れることで採用率があがるでしょう。

無理をせずに。正直な会話をしよう!

採用されたいと思うほど緊張をしてしまうことがあります。「1週間に何日間シフトに入れますか?」という質問があった場合に、採用されたいために自分の思っているものよりも多い日数を言ってしまうという人もいるようですが、自分が確実に入れる日数のみを伝えることが重要です。そのあとの質問でシフト日数に絡んだ内容があった場合に、動揺が隠せなく自分が困ってしまうなどが無いように、無理をせずに自分のできる範囲の無いようで伝えるようにしましょう。

初対面の面接官との自然な接し方!

面接官は、面接が始まるまでどういった人なのか分かりません。自分の年齢と近い人で会話がし易い人ならいいですが、かなりの高齢な方で自分の世代の話題などの話もできないような人だと、会話がぎこちなくなってしまうことが多いです。面接なのでとても短時間で印象が決まってしまいます。少しぐらい話が合わないと思っても、相手にできるだけ合わせた会話を心掛ける必要があります。飲食店などのバイトでは、顔の表情なども見られていますので、場合によっては笑顔で会話をするぐらいの気持ちも必要でしょう。

工場の求人は工業団地を有している自治体に多くあるので、地域で主催している求人イベント等に参加して見つける方法もあります。