就職するなら就職サイトに登録

新卒の学生で就職をするなら、就職専門の求人サイトに登録しておきましょう。学生の場合、サイト上からエントリーシートを送付したり、企業の担当者とコンタクトをとることができるため、就職サイトに登録するか否かによって就職が決まると言っても過言ではありません。新卒の求人サイトならば、応募出来る求人も多く、気になった企業に対して、自らメールで質問もできますので、これから大学などを卒業される方は、就職サイトに登録しましょう。

転職活動をするなら転職サイト

転職活動をされる場合にも転職専門の求人サイトに登録して探すことが一番です。転職サイトの場合、その人のスキルや経歴に能力等の必要事項を登録しておけば、企業から個別にスカウトあるいはオファーなどが届くこともあります。転職サイトの場合、非公開求人の件数も潤沢にあるので、非公開求人からもぜひ探してみたいと思っている方は、転職サイトから求人を見つけると、これまで働いていた職場よりも条件のいい仕事が見つかります。

就職でも転職でも面接はしっかりと行う

初めての就職や転職でも、必ず面接対策をしてから企業のもとに行くようにしましょう。面接対策は必ずしも完璧な受け答えをする必要はなく、誠実にはっきりとしゃべることが適切です。わからないことは知ったかぶりなどをせずに、正直にわからないと答えることで、企業に不信感を抱かれることもなくなります。面接ではその人の服装から雰囲気まですべてチェックされますから、これから企業の面接を受ける方は身だしなみにも気を使いましょう。

1990年代後半から2000年代の建設不況で多くのゼネコンが人員整理を行なった結果、今では施工管理者が慢性的に不足しています。震災復興や東京五輪の影響で今後ますます施工管理の求人は増えると思われます。