需要が高まっている産業医

事業所において従業員の健康管理など、専門的な立場から指導や助言を行うのが産業医の仕事です。医学知識があるのはもちろん最低条件ではありますが、産業医になるためには特別な研修を受けたり試験を受けたりしなくてはなりません。条件を満たす事業所においては、産業医を選任するよう義務付けられていますので、需要が高まっている職種と言えます。そして、医師のなかには、空き時間を有効活用したバイトとして産業医を務めることもあります。

スポット契約はいわゆる非常勤

事業場の規模などによりますが、産業医は常に職務にあたっているわけではありません。基本的には定期的な健康診断、面接指導、メンタルヘルスチェックなどの実施のほか、従業員から希望があれば相談に乗ってくれます。常勤の産業医としてひとつの事業場と契約するという働き方もありますが、スポット契約で効率よく働く産業医もいます。スポット契約とは、非常勤で働く産業医との契約です。必要なときにだけ産業医に来てもらうことができ、常勤で契約するよりも費用を抑えることができます。医師側は、依頼があったときだけ事業場に訪問すればいいので、アルバイトにするには実に効率がいいのです。

求人の探し方は?事業場側はどう見つける?

産業医の求人というのは、基本的に専用のサイト、派遣会社が存在します。そのため、産業医として契約先を探しているのであれば、産業医専用の求人サイトや派遣会社を利用することになります。また、産業医を探している事業場においても同じです。専用のサイトに求人を掲載してもらうか、派遣会社に相談して条件に見合う産業医を紹介してもらうことになります。特に、派遣会社では、書類選考、面接、契約の段取りも手伝ってくれることが多いのでスムーズに産業医を見つけることができるでしょう。

産業医の募集とは企業で職員の健康管理等を行う医師を探しているということです。近年はメタボ対策等の為、求人が多く出されています。